・秩父夜祭り

・12月3日の出来事
 
・十数年ぶりに地元の祭り秩父夜祭りへ・・・

 
夜祭り見物ではなかったんですが久々に絶景ポイント
 の花火&屋台を見ることが出来ました。

 絶景ポイントとは団子坂と呼ばれる急な坂を屋台が
 かけ上がる様とバックで打ち上げ花火が「ドッカ~ン」・・・
 この二つの競演が望める場所です。・・・地図

 この場所ではさらに、手前にある踏切にて屋台を通過
 させるために電車線を一時的に取り外し、
 通過後元に戻すという全国的にも類を見ない例大祭当日のみ
 見られる秩父鉄道にて執り行われる特殊電車線の
 上げ下ろし
作業が見ることが出来ますが、残念ながら
 こちらはゆっくり見ることが出来ませんでした・・・。

 6基の山車が秩父神社より出発、御旅所(亀の子岩)
 まで御神体と供に神幸路を練歩くので秩父駅から神社周辺
 ~秩父市役所周辺にかけて出店も多数出店して大変にぎやか
 なお祭りです。


・夜祭りといえば・・・

 夜祭りも20年以上昔は散々仲間と一緒に練り歩ったもん
 ですねぇ、当ても無くただ神幸路を歩ってました
 「おっ! また遭ったな」なんてお互いにグルグル
 周ってました、懐かしい・・・

 勤めを始めてから神幸路をぐるりと周ることも無くなり
 ましたが、なぜか?10年程絶景ポイントには居ましたね
 架線の上げ下ろしもゆっくり見ることは無かった・・・

 曜日に関係なく12月3日ですので平日の年もあります
 休日の年は大変に混雑します、だって秩父鉄道もこの日
 ばかりは乗車率120%以上ですからねぇ~
 車に限っては市内から出るのに2時間かかる場合も・・・
 おいらは電車をオススメしますが、なにより平日を狙って
 おいでになられた方が良いかと思います、だってディズ
 ニーランドと同じく、行っても十分に堪能できないのでは
 面白さも半減しません?

 屋台と供に秩父屋台囃子を聴きながら市内を練り歩く、
 小腹が空いたら秩父駅前にてお腹を満たして、
 神社で参拝なんてどうですか? 
 ちなみに秩父駅前で手打ちうどんをリーズナブル
 な値段で販売していたらしく、うどんも仕入れた
 ビールも早いうちに完売になっていたようです。

・御花畑NO1踏切より撮影・・・夜祭りムービー


・おいらだったらこんな感じで祭りを楽しみます。

 ・まず団子坂の望める場所の桟敷をキープしておきます。
 ・秩父神社にて参拝を済ませる。
 ・まぁ小腹を満たしながら神幸路をひとまわり。
 ・18:00ぐらいまでに桟敷に移動する。・・・?
  (19:00より入場規制になりますので注意!)
 ・19:30を回ると秩父鉄道にて架線の取り外しを
  行います。
 ・20:00より花火大会が開始します。
 ・6基の屋台が次々に団子坂を越えて行きます。
 ・花火と屋台の競演をお楽しみください。
 ・10:00頃には花火終了
 ・屋台も広場に集結・・・?
 ・屋台通過後直ぐに、秩父鉄道にて架線の取り付けを
  行います。
 ・御旅所で神事を執り行います。
 ・12:00頃には神事も終わり屋台が下りてきます。
 ・秩父鉄道にて再度、架線の取り外しを行います。
 ・1:00過ぎには全屋台も下りて家路に向かいます。
 
 
 ・・・? この辺で帰る用意をした方がいいですな、
 帰りが込み合うのでちょっと早めに退散する事を
 おすすめします・・・
 10:00過ぎに御花畑駅から乗車する事が出来ます。
 19:30~10:00は御花畑駅には電車は来ません。
 御旅所で神事を執り行い屋台が下りてくるのは1:00
 過ぎになると思いますが、チャレンジしてみますかぁ? 
  

夜祭りまめ知識・・・
 
 秩父ではお祭りを境に寒が増すんです、祭りを境にコタツを
 出したりモモヒキをはきだしたり、ラジバンダリ?・・・
 当日も10時ぐらいまでは平年より暖かいような気がしま
 したが、やはり10時を回ると寒さを増してきました。
 ?桟敷での観覧をされる場合は特に暖かい服装と
 十分な防寒対策を考えてください、ホカロンは必需品! 
 腰とお腹に貼ると効率がいいですよ。
 秩父鉄道では帰りにホカロンを捨てていくお客さんが多い
 ので、専用のゴミ捨て場があるとかなんとか・・・(ウソ!)


 夜祭りといえば屋台と花火と思うでしょう? 
 確かに艶やかな装飾に目を奪われ、派手な花火に拍手!
 印象が強いと思います、屋台にも歴史がありますが
 夜祭りの神事とは・・・
 最も知れ渡っている有名な伝説は武甲山の男神
 (蛇神・蔵王権現)と秩父神社の女神(妙見菩薩)が
 年に 一度の逢瀬を楽しむために神社と武甲山の間に
 ある御旅所で×××のお祭りらしいと聞いていますが
 本当の所はおいらにはわかりません
 神輿とお馬さん(神馬)を見られると思いますが
 これに女神(妙見菩薩)が乗っているらしいです。
 
 観光は屋台&花火、神事は上記のため観光と神事の
 折り合いが合わず祭りは毎年3日に決まりなんです
 観光側とすると休日前の土曜日にしてもらいたい
 らしいが、なかなか・・・

 ちなみに来年の秩父夜祭り12月3日は木曜日です!
 泊まりで来られる方は早めに予約して置かないと・・・
 そういえば、SL蒸気機関車も当日運行していましたね、
 ご家族で乗車されていた方達が窓から大勢見えました。
 
 来年も秩父夜祭りを見物にゆっくり遊びにきてくんなぁ~
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secre

スポンサードリンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

自動翻訳が出来る
FMラジオでMP3が聞ける!

J-Force Bluetooth FMトランスミッター ブラック JF-BTFM2K

新品価格
¥2,920から
(2014/1/10 05:57時点)

カテゴリ
エリア999
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ投票!
エリア999

SK11 ガレージツールセット ETS-45G

新品価格
¥2,650から
(2014/1/10 05:54時点)

ブログ管理